顔の体操でほうれい線を消す

年齢と共に気になってくるのが鼻の下、口元のほうれい線でメイクでもなかなか隠しにくく、くっきり出てしまうと実年齢よりも老けて見られてしまいます。

しかも最近では食生活の変化や栄養の偏り、生活習慣などでまだまだ若いのにほうれい線が目立つ悩みを抱えているひとも増えてきています。ほうれい線を消すには美容整形以外では顔の体操が効果的で、消すとまではいかなくても目立たなくすることができます。顔のたるみや顔面の筋肉の衰えでしわがより一層目立ってしまっているパターンに対しては顔の体操が有効で、一日数分の体操でも早ければ数日で効果が見られるでしょう。

代表的な顔の体操のやり方は、口の中で下を右回し30回、左回し30回するベロ回しと呼ばれる舌の運動です。やってみるとわかると思いますが初めてやるとかなり疲れて、舌が動かせなくなるくらいしんどくなるはずです。最初のうちは無理をして30回やる必要はなく、少しずつ回数を増やしていけば大丈夫です。合わせて頬の筋肉の強化のために口の中で息を溜めて頬を膨らませるということを、左右交互に30回やります。

この2つの運動を毎日続けるだけでも、ほうれい線が目に見えて薄くなり次第に消すこともできるかもしれません。他にも空のペットボトルを口でくわえて、口から息を吸ったり吐いたりしてペットボトルを潰したり戻したりする運動もほうれい線を消すことに効果的です。いずれの運動もお金がかからずいつでもできるので、毎日コツコツやってみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です